交通事故の治療にあたって

当院では、交通事故後遺症に対応した、自賠責保険を取り扱っております。
相手側の保険使用の場合、保険会社連絡が取れていれば、基本的に窓口負担はございませんので
ご安心ください。


交通事故治療の流れ

1.病院にて部位を伝え診断書をもらう 2.保険会社に当院へ通う旨を連絡 3.当院へ連絡し予約 4.治療スタート 丁寧に治療をしていきます。患者さまにあった治療を致しますのでご安心ください。日常生活での注意事項や自宅で出来る運動療法などもアドバイス致します。※事故以外でも、痛みやケガ等ありましたらお気軽にご相談ください。 事故直後は出来る限り間隔が空かないようご来院下さい。自賠責保険により基本的には窓口負担はありません。事故直後の治療が肝心です。この時期にしっかり治療しないと長引きます。

事故にあったら

事故にあったら必ず病院へ行き、レントゲンを撮り診断書を書いてもらいます。それを警察に提出して、はじめて人身事故扱いとなり治療を受けることができます!その診断書をもらうときのポイント!!事故直後は肉体的・精神的ショックにより興奮状態となり体内よりアドレナリンとうい痛みを抑える物質が出ます。それによりあまり痛みを感じないことが多いのです。だからと言って「大丈夫です!」と言ってしまうと後で痛みが強くなる恐れがあるため、必ず病院へ行き、診断を受けることをおすすめします。その際、わずかでも、痛みや違和感といった不具合があるところは全て医師に伝えてください。例えば、相手に悪いから・・・など遠慮してしまい謙虚に「首だけかな~他は大丈夫かも」など言ったため、診断書は頸椎捻挫1部位のみとなり、後で肩や腰が痛くなっても医師の診断の部位のみの治療費しかでないため、他の部位の治療はできません。言うだけ言って、例えば1、頸 2、肩 3、背中 4、腰と4部位の診断書を書いてもらえば、その後何でもなければそれはそれでいいですし、もし痛みが出た場合はその部位もしっかり治療が出来ます。もし何も知らず最初の診断で1部位と書かれてしまっても、事故後1週間~10日以内であればもう一度「実は事故の翌日から首や腰が痛くなってしまった。しっかり自賠責保険で治療を受けたいので、もう一度診断書を書いてほしい」などと医師に伝えれば書いてもらえます。当院では整形外科などにも紹介状を書くこともできますので、お電話でお気軽にご相談ください。


むち打ち症例・症状

交通事故後、下記の症状に心当たりのある方直ぐにご相談下さい。

頚椎捻挫症型
【症状】 首を動かした時の痛み・首が動きにくい運動制限・首や背中のこり・頭痛・めまいなど


上記のような症状は、事故から数日後に出てきたり、時間が経つほど強くなったりすることもあります。
事故直後は症状を感じなかったとしても必ず病院へ行き、診断を受ける事をおすすめします。